[Today's DOOR]

 イノウエヨシオ100%BLOG「全天候型コメントサイト」

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
シルク・ド・ソレイユの「コルテオ」素晴らしい舞台を拝見してきました!
 先日、観てきました。♪ぱららん・ぱららん・ぱららんの音楽がながれる度に
思い起こされる素晴らしい世界。こういう絵柄を見せたいと思って、それを実現
しているような感じがしました。
最初のベールにつつまれたカーテンのなかで、光に輝きを増して
だんだんと実世界になっていく様や、ときどき日本語を交えながらゆっくりと
物語が進んでいくさま。


 最初のベールにつつまれたカーテンのなかで、光に輝きを増して
だんだんと実世界になっていく様や、ときどき日本語を交えながらゆっくりと
物語が進んでいくさま。
前半の圧巻は、シャンデリアをつかった人間ブランコ。回転という方向で
展開される素晴らしさ。また若い少年少女がベッドで枕投げをしながら
さまざまなパフォーマンス。馬はかわいく、円のリングは丸で軸があるって
自動的に回転しているかのように思えてしまう。
そして体の小さな少女が4つの風船に、ゆっくりとふわりと天空を漂い、
やがて客席へもでてきてふれあう楽しさ。
夢のスーパーサーカスというのはまさにこのことだなと思う。
30分のインターバルをはさんでも、興奮は続いていく。
円の上下でカップルが魅了したり、ジャグリングはびっくりする完成度
そして人間の手の連携ですすめられていく驚異の人間ブランコや、
どうなっているのか、何が起こっているのと何度も確認した、
十字に並べられた鉄棒での平行複数大車輪。
また、カップルではつりざけられて、女性の片足だけで男性が吊り下げられた
かと思うと、そのあとは思わず「まさか」と叫んでしまった、髪の毛だけでの
ぶらさがり。
大団円では、何度も何度も大きな拍手が円形劇場を包んだ。
まさにこういう風な絵を見せたいと考えて、それにあわせて舞台や建物が
作られたのだろうと思わせる素晴らしい世界。
終わっても、素晴らしかった時間の余韻が残っている。




| 09:28 | わたしは今・・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 09:28 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://edkyotob.jugem.cc/trackback/2028
<< NEW | TOP | OLD>>